読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おプロの風呂レポ

年間約40湯を目標に、温泉へ行き、温泉に入り、温泉を綴っていこうと思います。

静岡県御殿場市「レストイン時之栖 足柄金時湯」

静岡県 人工高濃度炭酸泉

f:id:miraisaaan:20170316081558j:image

足柄サービスエリアへ、ふらっと寄った時にいつも気になっていた「足柄金時湯」に入ってみることにしました。というのも、隣にグランピング施設が出来てたので、いつかのためのお試し湯です。

 f:id:miraisaaan:20170316081303j:image

お湯は、温泉ではないものの、高濃度炭酸泉のお湯でした。少し浴槽が狭いので人が3〜4人入ると脚も伸ばせないので気まずいぐらいの距離感になります。洗い場も浴槽から近いのでお湯に浸かってる人にシャワーが掛かっちゃいそうでした。

f:id:miraisaaan:20170316082138j:image

しかしながら、サービスエリアにある宿泊施設内にあるので、シャンプー類やドライヤーはもちろん化粧水やメイク落としもあるし、サウナもついてたし、仮眠室や休憩室の充実さ、雑誌漫画もあったり、タオル付きで640円、お気軽にお風呂ができる(しかも炭酸泉!)なら、旅の途中に寄るにはとても来やすいな!と思いました。

f:id:miraisaaan:20170316082653j:image

ドッグラン併設だし、犬も一緒に泊まれるし、お風呂もあるし、サービスエリアも使えるし、試しにグランピング来ても良いかなぁ…どうかなぁ…ふむふむ今後考えよう。

 

静岡県御殿場市深沢字前野原1801-1(東名高速道路上り足柄SA)

神奈川県伊勢原市「伊勢原温泉 ニュー天野屋」

神奈川県 強アルカリ泉 伊勢原温泉

f:id:miraisaaan:20170213141600j:image

わたくしは、「あ、温泉行こう。」と、思い立ったが吉日でいきなり温泉に行くことが多いのですが、ふと見つけたここ「伊勢原温泉ニュー天野屋」さんにふらり来てみました。ちなみに自宅から一般道を車で40分。

ここ!久しぶりの!大当たり!強アルカリ泉ph10.1のヌルヌルでトロトロのお湯。カサカサだった肌部分がツルツルのスベスベに!擬態語ばっかり!そんなお湯でした。口コミ通り、お客さんも少なめで穴場だし、これはもう時々ここにきて、角質クレンジングをしに通う温泉にしようと思います。

f:id:miraisaaan:20170213142735j:image

旅館は比較的昔のままで、設備はあまり良くはありません。鍵付きロッカーもたくさんあるけど鍵自体が付いているロッカーが2個しかなかったし、ウォータークーラーが無く自動販売機があるけどお水が全部売り切れだったり。あとなぜか、脱衣所に電子レンジが置いてあるとか、謎が多い私が好きなタイプの探検向きな温泉です。だけど浴場は清潔感があって、お湯がきれいで、塩素臭がありませんでした。個人的には名湯。大人800円。シャンプー類とドライヤーあり。

とにかくここでは、角質が取れて肌がきれいになっていくお湯を楽しんで欲しいです!

 

■ニュー天野屋

神奈川県伊勢原市西富岡1067

東京都杉並区「高井戸温泉 美しの湯」

東京都 高井戸温泉 ナトリウム塩化物強塩泉

f:id:miraisaaan:20170119074144j:image

環八沿いにあって、高井戸駅から2分のところにある天然温泉「美しの湯」。練馬のお友達のうちにお泊まり行く前に、時間的にもお風呂とご飯を済ませられるなと思い、入ってみることにしました。

東名を降りて環八を練馬方面に走ると環八沿い左側にあります。駅前だけど駐車場もあるし比較的入りやすいです。知らなかったのですが、ここは土日だと大人1200円でプールも入ることができるようです。風呂場のロッカールーム兼脱衣所で着替えてプールとお風呂に行くことができます。

お湯は琥珀色で、ナトリウム塩化物強塩泉でした…強塩泉…塩っぱくて保温保湿効果あります(私はやっぱりチクチクしてしまいました)。内湯は温泉と白湯でジャグジー類のお風呂もあり。露天は温泉のあつ湯とぬる湯あり。あと週替わりのお湯があって、マイクロバブルの「絹の湯」と「炭酸泉」が楽しめるようです。シャンプー類、化粧水、ヘアトリートメント、ドライヤーはあります。

f:id:miraisaaan:20170119080235j:image

※サラダ蕎麦はそばつゆと胡麻ドレ

食事処は椅子席のみでお座敷はありませんでした。リクライニングチェアーのある休憩部屋があったのですが数は少なめでした(みなさんフロント前の椅子に座ってたなぁ)。サラダ蕎麦をいただきましたが、緑が多くて珍しい葉っぱも乗ってるなーって思ってたらコレ、自家栽培してるやつでした。すごいねー

f:id:miraisaaan:20170119080725j:image

※観賞用の水槽かと思ったら栽培ケース

 

そして、実は風呂上がりに貧血か湯当たりか、娘が顔を真っ青にして脱衣所で倒れてしまったんです。そこはさすがプールのある施設だからか、スタッフの方々や裸で風呂上がりの(おそらくインストラクターの)方が、すぐに気づいてこぞって助けにきてくれて。とにかくベンチに座ろうと思ってたのですが、タオルやマットをたくさん用意して簡易ベッドを作って、お水や濡れタオルを持ってきて、迅速にさささーーと処置してくださいました。そしてみなさんとても優しく「大丈夫だよ」って声かけてくれて。私も冷静を装いつつも動転してたと思いますし、それはそれは凄く心強かったです。

この場を借りてお礼申し上げます。その節は大変お世話になりました。ありがとうございました!娘、元気です!

 

■高井戸天然温泉美しの湯

東京都杉並区高井戸西2-3-45

山梨県南都留郡「河口湖温泉 開運の湯」

山梨県 ナトリウムカルシウム硫酸塩塩化物泉 河口湖温泉

f:id:miraisaaan:20170113075005j:image

朝風呂が好きです、どうも。早朝風呂を目指してほったらかしに行こうと下道で富士麓を抜けようとしたら、道に雪…凍結…ノーマルタイヤなんすけど…ということで、山中湖で冷汗と共に行き先を再考してたら、朝6時からやってるらしい河口湖にある温泉「開運の湯」に行きました(正式には2016年12月の出来事です)。

泉質はカルシウムナトリウム硫酸塩泉ですが無味無臭で印象的なところはあまりなかったです。露天が2つありましたが外気の寒さの割にぬるかったので殆ど内湯にいました。お風呂うんぬんではないのですが、インバウンドで外国の方がとても多く、マナーもなんもない無法地帯な温泉と化していたので(生理だからか服を着てパンツで脚だけ温泉入ってたのもいた(笑))、清潔感としては嫌な印象を持たれる方もいるかもしれません。

f:id:miraisaaan:20170113080349j:image

河口湖半の散歩道

シャンプー類、ドライヤーあり。ロッカーは鍵付きだと100円(戻らないタイプ)とカゴがあります。2時間で1,000円。休憩室はないのでフロント前の椅子とかで座れます。

f:id:miraisaaan:20170113080834j:image

※山中湖で冷汗たらしてたら日が昇って赤富士

本当はもうひとつ行きたい温泉があったのですが、この時はたしか病みあがりだったので、バテちゃって「このまま何か食べて帰ろう」と思ったのを記憶してます。

f:id:miraisaaan:20170113081349j:image

富士急ハイランド近くにあった「寿屋」

いつもは吉田うどんを探しますが今回は「ほうとう」。病みあがりの身体に煮込んだ野菜を注入したかったので。10時からやっているお店がなかなか無くて、唯一見つけた「寿屋」さんで10時オープンと同時にほうとうゲット。沁み入りました…

 

■開運の湯

山梨県南都留郡富士河口湖町船津6713-22(河口湖ロイヤルホテル)

千葉県富津市「鋸山金谷温泉 海辺の湯」

千葉県 ナトリウムカルシウム硫酸塩塩化物泉 炭酸水素塩泉 鋸山金谷温泉

f:id:miraisaaan:20170110080550j:image

千葉と神奈川を結ぶフェリーの千葉側「金谷港」からすぐのところにある「天然温泉海辺の湯」に入りました。海辺の湯、名前が好き。ちなみに写真はフェリーから撮った東京湾です。

お湯が薄い茶褐色で、ナトリウムカルシウム硫酸塩泉、炭酸水素塩泉でした。とはいえ、海の温泉だから塩分が強い泉質かなと覚悟はしていたんだけど(私は塩泉だと肌がヒリヒリと赤くなる時があるので)、殆ど塩気がなく、痛くなく、とても良い肌加減!海の側で、海を一望しながら入れる温泉は伊豆にもいっぱいあるんだけどだいたい強塩泉で、だから私にとっては貴重な場所に出会えたなって思いました。

内湯と露天、露天からは東京湾久里浜港が見えます。夕陽が見えるのだとかで日の入り時間も書いてありました。サウナもあり。シャンプー類も化粧水、アメニティ、ドライヤー、鍵付きロッカーあります。荷物が大きいからと、大きいロッカーをいただけたのも良かったです。休憩できるお座敷もあり。土日祝日大人850円。おみやげ屋もお食事処も併設されて旅の〆に良いところ。

また、いつか。

 

■海辺の湯

千葉県富津市金谷525-17

埼玉県比企郡「玉川温泉」

埼玉県 アルカリ性単純泉 玉川温泉

f:id:miraisaaan:20170105072552j:image

2016年11月、埼玉県の方の(!)「玉川温泉」へ行きました。ピンときた方は温泉好きですね?、そうです秋田県玉川温泉ではございません。正直言うと玉川温泉を知って調べて出てきたら埼玉県の玉川温泉がヒットしてそのまま来てしまった=秋田県玉川温泉と間違えて、です(笑)。

 玉川温泉は「昭和レトロ」をモチーフに館内が作られていて、駄菓子があったり、懐かしの給食メニューがあったりしました。

f:id:miraisaaan:20170105072805j:image

※揚げパンに三角牛乳とミルメイクやで!

更にこちら、お風呂カフェの系列と同じようで、休憩室が充実してました。雑誌や書籍、漫画もあり、テラスやハンモック、ソファや秘密基地のような半個室のごろ寝スペース、ブランケットやマッサージチェアーなどがあって、ゆっくりまったり過ごせます。但し少々狭いです。

f:id:miraisaaan:20170105073354j:imagef:id:miraisaaan:20170105073425j:image

※二階建てごろ寝スペースが良かったー

そして意外にも温泉が!お湯が!すごく良かったです。つるつるぬるぬる系のアルカリ泉。ph値が10.1すよ!10は殆どみたことないのでとても珍しいなと思いました。お風呂は露天と内湯のみだけど、内湯は広めだし、お風呂カフェ恒例の泥パックも出てくるので飽きなかったです。シャンプー、ボディソープ、ドライヤー、化粧水などあり。タオルや館内着レンタルあり。大人土日祝日850円です。

次は白寿の湯に行ってみたいです!今、埼玉の温泉施設が熱いぜ。

 

玉川温泉

埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川37

子どもの成長と共に法務へジョブチェンジした話

この記事は法務系Advent Calendar2016のエントリーです。

kanegoontaさんの鼻血を拭いて、、、はい、バトンを受け取りました。

はじめまして。いつもは温泉記事を書いておりますmiraisaaan です。「法務に効く温泉3選!」とかできたら良かったのですが、それはまた追々(あるんかいっ)…今回温泉テーマではありませんが、この場に書かせていただきます。

さて、法務系Advent Calenderは毎年楽しみに拝見していました。今年は転職もあり、法務系LTを初生拝聴できたり、法務のお話をする場で登壇できたりしたので、年の締めくくりにこれにチャレンジしてみようと思いました。みなさまのように専門的なお話はできないのですが、以前より「法務職と育児」についてご興味を持たれる方が多くいらしたので、私の体験記を綴ろうと思います。

法務へのきっかけ

仕事について。法務になる前、私の職業はWEBディレクターでした。Webの会社で企画提案や制作進行管理をやっていましたがデザインやプログラミング、はたまたカメラマンやライターをしていたときもありました。

育児について。私には子どもがひとりおります。2歳から保育園へ預けて働きました。

きっかけとなったのは、保育園のいわゆる「守られている時代」からちょうど小学校へ上がり「小1の壁」の洗礼を受けた頃です。学童にも入りました。が、まだ慣れない環境で、お友達と上手くいかなかったり(上手くいかなくても保育園のようには先生も動いてくれない)、下校から帰宅後からひとりで家で過ごす時間の多さもあり(時には21時まで夕飯食べずに待っているときもあり)、帰宅して電話越しで毎日のように泣かれていました。また火の元や防犯面でも心配は多くありました。

一方、私の仕事は受注仕事でお客様とのやりとりが主、制作長期化したり、短納期だったり、トラブルで炎上祭!ともなれば連日徹夜、2徹、3徹…のような世界でした。実際に2徹(2日間寝られない)したときに「子どもを育てながらこの仕事はちょっと厳しいな」と考えるようになりました。

そこで、お客さんの都合で振り回されない(振り回されにくい?)影響が少ない(と想像した)「管理部門」への道を考えます。が!経験はないし、道もポジションもないし、そもそも稼ぎたいのが最優先なので事務は選択肢にありませんでした。なので、さてどうしましょう。

そうこうしていると、アプリを自社からリリースして自社事業とする動きが出てきました。以前テレビ局のコンテンツビジネスをしていたこともあり、自社ビジネスの知財や法務周りには興味を持っていたので、管理部門のひとつに「法務部」を作ってしまいました。(もちろんここまでにたどり着くまで大変でしたし、いろいろとネゴネゴしましたけども。)

理想と現実

というわけで、子どもが小学2年生に上がる前あたりから、法務部に異動(最初は兼務って感じでしたけど)し、晴れて管理部門へ。。。とはいえ、早々に気づいていると思いますが(笑)、みなさまご想像の通り「なんの基盤ももないひとり法務が激務にならないはずがないね」でございます。

仕事における理想はイメージ通りとはいかなかったものの、イメージ通りと思ったのは「専門職」なんだな、ということ。片手間では務まらないなと思い、個人的な勉強もしましたが、私の中でとても大きな実りになったのは、顧問弁護士の先生と密に業務を支援していただき多くを色濃く学ぶことができたことです。あとでこのときをタイムチャージ換算したら、それは恐ろしい額になりそうなぐらいだったので、ああ私はラッキーだったな〜と思いました。

育児における理想は「管理部門は主体的にルールを組めるから、今までのようにお客さんから振り回されることなく、早く帰って子どもや家事への時間が取れる」…というイメージでしたが、現実は「法務は社内に振り回される」んだな、が実感でした。ただ、まあ、以前の徹夜からは解放されたと思います。法務を1からやったので、社内ルールも主体的に決められましたし、比較的自分でタスク出ししたスケジュールの通りには回りました。小学生低学年は、毎日算数プリントと国語の教科書を音読する宿題があり、親は必然と勉強のお手伝いをすることが多いので、帰ってからの時間が持てるのは良かったです。

ただし、法務なので「金払わねーぞ」的なトラブルに巻き込まれたことが多々あり、そうなると自宅でも対応せざるを得ないときもありました。チャットワークは便利でしたね。

課題

最終的に子どもが小学校4年を最後にいったん退職をしました。法務在籍3年、その間子どもは小学2年生、3年生、4年生、です。(当時の)東京都の小学校は学童が3年生までしか入れませんでした。小学4年生になり夏休みの1か月をひとりでどうすごさせるか、俗にいう「小4の壁」です、これがネックになり(体調不良や社内体制の問題もあり、いろいろなことが重なって、ですが)退職の方向を考えたのでした。

目指していたのは「在宅でもできる法務」。会社の体制にもよりますし全然OKなところもあるとは思いますが、管理部門が在宅をするハードルは大きいとは思います。もし在宅で法務業務を公式に認めてもらえたら(できるように活動してたんすけどね)小学生の2つの壁ももう少し心穏やかに乗り越えられたり、退職しなくても続けられていたのかな…と今でも思います。

で、今は?

といいますと、子どもは来年中学生になり、だいぶ手が離れ目がかかるようになりました。反抗期もごっついのが来ております。

法務をやっていたからこそ今の仕事にたどり着いたのですが、現在は法情報を扱う外資系の営業をしています。法務の時と違い、比較的いつでもどこでも仕事ができるのは子どもの世話をする親としてはとても助かっています。大好きな法務の業務にも携わることができて、子どもが大きくなって子どもと著作権や商標権の話や、生活に関わるリスク管理の話とか、ができるようになったりして。3年間でしたが法務をやってこれて良かったなと思いました。

なんだかんだで契約や社内法務の仕事は関わりそうなので、これからも日々努力を惜しまずコツコツ勉強していこうと思います。あ、温泉も入っていこうと思います(笑)

 

次は!なんと!アウトドア仲間のMr.ストイックCeongSuさんです!٩( 'ω' )و