読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おプロの風呂レポ

年間約40湯を目標に、温泉へ行き、温泉に入り、温泉を綴っていこうと思います。

子どもの成長と共に法務へジョブチェンジした話

この記事は法務系Advent Calendar2016のエントリーです。

kanegoontaさんの鼻血を拭いて、、、はい、バトンを受け取りました。

はじめまして。いつもは温泉記事を書いておりますmiraisaaan です。「法務に効く温泉3選!」とかできたら良かったのですが、それはまた追々(あるんかいっ)…今回温泉テーマではありませんが、この場に書かせていただきます。

さて、法務系Advent Calenderは毎年楽しみに拝見していました。今年は転職もあり、法務系LTを初生拝聴できたり、法務のお話をする場で登壇できたりしたので、年の締めくくりにこれにチャレンジしてみようと思いました。みなさまのように専門的なお話はできないのですが、以前より「法務職と育児」についてご興味を持たれる方が多くいらしたので、私の体験記を綴ろうと思います。

法務へのきっかけ

仕事について。法務になる前、私の職業はWEBディレクターでした。Webの会社で企画提案や制作進行管理をやっていましたがデザインやプログラミング、はたまたカメラマンやライターをしていたときもありました。

育児について。私には子どもがひとりおります。2歳から保育園へ預けて働きました。

きっかけとなったのは、保育園のいわゆる「守られている時代」からちょうど小学校へ上がり「小1の壁」の洗礼を受けた頃です。学童にも入りました。が、まだ慣れない環境で、お友達と上手くいかなかったり(上手くいかなくても保育園のようには先生も動いてくれない)、下校から帰宅後からひとりで家で過ごす時間の多さもあり(時には21時まで夕飯食べずに待っているときもあり)、帰宅して電話越しで毎日のように泣かれていました。また火の元や防犯面でも心配は多くありました。

一方、私の仕事は受注仕事でお客様とのやりとりが主、制作長期化したり、短納期だったり、トラブルで炎上祭!ともなれば連日徹夜、2徹、3徹…のような世界でした。実際に2徹(2日間寝られない)したときに「子どもを育てながらこの仕事はちょっと厳しいな」と考えるようになりました。

そこで、お客さんの都合で振り回されない(振り回されにくい?)影響が少ない(と想像した)「管理部門」への道を考えます。が!経験はないし、道もポジションもないし、そもそも稼ぎたいのが最優先なので事務は選択肢にありませんでした。なので、さてどうしましょう。

そうこうしていると、アプリを自社からリリースして自社事業とする動きが出てきました。以前テレビ局のコンテンツビジネスをしていたこともあり、自社ビジネスの知財や法務周りには興味を持っていたので、管理部門のひとつに「法務部」を作ってしまいました。(もちろんここまでにたどり着くまで大変でしたし、いろいろとネゴネゴしましたけども。)

理想と現実

というわけで、子どもが小学2年生に上がる前あたりから、法務部に異動(最初は兼務って感じでしたけど)し、晴れて管理部門へ。。。とはいえ、早々に気づいていると思いますが(笑)、みなさまご想像の通り「なんの基盤ももないひとり法務が激務にならないはずがないね」でございます。

仕事における理想はイメージ通りとはいかなかったものの、イメージ通りと思ったのは「専門職」なんだな、ということ。片手間では務まらないなと思い、個人的な勉強もしましたが、私の中でとても大きな実りになったのは、顧問弁護士の先生と密に業務を支援していただき多くを色濃く学ぶことができたことです。あとでこのときをタイムチャージ換算したら、それは恐ろしい額になりそうなぐらいだったので、ああ私はラッキーだったな〜と思いました。

育児における理想は「管理部門は主体的にルールを組めるから、今までのようにお客さんから振り回されることなく、早く帰って子どもや家事への時間が取れる」…というイメージでしたが、現実は「法務は社内に振り回される」んだな、が実感でした。ただ、まあ、以前の徹夜からは解放されたと思います。法務を1からやったので、社内ルールも主体的に決められましたし、比較的自分でタスク出ししたスケジュールの通りには回りました。小学生低学年は、毎日算数プリントと国語の教科書を音読する宿題があり、親は必然と勉強のお手伝いをすることが多いので、帰ってからの時間が持てるのは良かったです。

ただし、法務なので「金払わねーぞ」的なトラブルに巻き込まれたことが多々あり、そうなると自宅でも対応せざるを得ないときもありました。チャットワークは便利でしたね。

課題

最終的に子どもが小学校4年を最後にいったん退職をしました。法務在籍3年、その間子どもは小学2年生、3年生、4年生、です。(当時の)東京都の小学校は学童が3年生までしか入れませんでした。小学4年生になり夏休みの1か月をひとりでどうすごさせるか、俗にいう「小4の壁」です、これがネックになり(体調不良や社内体制の問題もあり、いろいろなことが重なって、ですが)退職の方向を考えたのでした。

目指していたのは「在宅でもできる法務」。会社の体制にもよりますし全然OKなところもあるとは思いますが、管理部門が在宅をするハードルは大きいとは思います。もし在宅で法務業務を公式に認めてもらえたら(できるように活動してたんすけどね)小学生の2つの壁ももう少し心穏やかに乗り越えられたり、退職しなくても続けられていたのかな…と今でも思います。

で、今は?

といいますと、子どもは来年中学生になり、だいぶ手が離れ目がかかるようになりました。反抗期もごっついのが来ております。

法務をやっていたからこそ今の仕事にたどり着いたのですが、現在は法情報を扱う外資系の営業をしています。法務の時と違い、比較的いつでもどこでも仕事ができるのは子どもの世話をする親としてはとても助かっています。大好きな法務の業務にも携わることができて、子どもが大きくなって子どもと著作権や商標権の話や、生活に関わるリスク管理の話とか、ができるようになったりして。3年間でしたが法務をやってこれて良かったなと思いました。

なんだかんだで契約や社内法務の仕事は関わりそうなので、これからも日々努力を惜しまずコツコツ勉強していこうと思います。あ、温泉も入っていこうと思います(笑)

 

次は!なんと!アウトドア仲間のMr.ストイックCeongSuさんです!٩( 'ω' )و

 

大分県別府市「鉄輪温泉 鉄輪むし湯」

f:id:miraisaaan:20161109074124j:image

別府の3湯目は「蒸」。と言えばここ「鉄輪むし湯」が一番有名なのかしらと来てみました。鉄輪温泉エリアは蒸気がいたるところでしゅーしゅーしてて、一番別府らしい情景が見られます。

鉄輪むし湯は、服を着て蒸される温浴です。入り口を入り、大人510円と、レンタル浴衣を210円で借ります(持参のTシャツ短パンでも良いそうですが、とても熱いので肌の露出が少ない方が良さげです)。脱衣所に行くと案内人がいて指示されながら入るスタイル。慣れてる常連さんは勝手に入るのかな。

服を脱ぎ、掛け湯をして、浴衣を着る。天井が低い石造りの蒸し部屋に入り、乾燥された石菖の葉が敷き詰められた上に寝て8分。蒸しあがったら、お風呂へ…といった流れです。蒸し湯は1度きりでサウナのように出入りは出来ませんでした。

f:id:miraisaaan:20161109075220j:image

※蒸しイメージ図(嘘、私の気になった鉄輪の景色ですw

とにかくですね!劇熱です!これぞ地獄蒸しです!ドライサウナの100度とはワケが違う!蒸気の100度はヤケドですよ(笑)私はあまりサウナは得意じゃないので拷問のようでした。入った瞬間から1分も保たないんじゃないか?と思ってましたし「熱い…熱い…ほんと死んじゃうかも…コレ普通なの?大丈夫なのか?…もしかしたら手違いで温度が高くなってるんじゃ?…事故?…」とずっと不安でした。

8分なんとか耐えて、出たのですが、人はこんなに汗が出るのかというぐらい出ました。あと顔が若干やけどぎみでひりひり。シャンプー、ボディソープあり、ドライヤーもあり。日焼けのあとに使うような化粧水を持参しても良いかもです。あと、枕用に乾いたタオルが1枚必要です。

 

でも、乾燥した石菖(せきしょう)の葉が蒸されてるので、菖蒲の香り漂い、これが私はとても良くて、浴場で呼吸するだけでスッキリとしたし!地獄で解毒しました!

 

■鉄輪むし湯

大分県別府市鉄輪上1組

大分県別府市「明礬温泉 湯屋えびす」

f:id:miraisaaan:20161107072129j:image

 2湯目は明礬温泉のどこかに行こうと決めていたので、坊主地獄から歩き始めたけど、別府の中でも明礬温泉は山の上にあるようで、途中からバスに乗りました。本当は湯の里に行くつもりが間違えて明礬というバス停で慌てて降りたがため、ここ「湯屋えびす」に入ろうと決めちゃいました。

結論からいうと、とてもおしゃれな日帰り温泉施設で、お湯も良かったです。女性のグループとかに好まれそうな温泉でした。

f:id:miraisaaan:20161107073101j:image

※自由に使える休憩室

お風呂は全て露天、屋根付きの洗い場と硫黄泉の湯、多角形の建物の中に単純泉ジャグジー、壺湯、箱蒸しサウナとバラエティに富んでました。硫黄泉、久しぶりの真っ白白濁で、湯の花が黄色という「これぞ硫黄泉」というお湯でした。私が好きだったのは露天で天井がすごく開けていたこと、青空と雲の流れを見ながらぬる湯とあつ湯と硫黄泉をいったりきたり、贅沢な時間を過ごしてる感がありました。

f:id:miraisaaan:20161107074134j:image

※休憩室から見える景色

大人1,000円、鍵付きロッカーあり、シャンプートリートメントボディソープ(炭シリーズ)あり、化粧水乳液あり、ドライヤーあり、休憩室(畳の休憩室も椅子の休憩室もあり)、諸々日帰り温泉施設としては不便無し。

f:id:miraisaaan:20161107074533j:image

※黒たまごと温泉で蒸したプリン

併設する桃たろうというカフェがあるので、風呂上がりに休憩がてら寄りました。湯屋にいながらそのままカフェに行けます。プリン、久しぶりに「美味しいなぁ」と感じました。いやな味のない、クリアで、とても丁寧な味でした。

お湯もたくさん、休憩室もたくさん、カフェもあって、これは1日いてもいいですな。

 

■湯屋えびす

大分県別府市明礬4組

大分県別府市「鉱泥温泉」

f:id:miraisaaan:20161101072659j:image

やってまいりました、おんせん県は別府!今回の日帰り目標は3湯で「泥」「蒸」「普通の温泉」で考えてました。

まずは「泥」で保養ランドかここ鉱泥(こうでい)温泉の2択。8時から12時の午前中しか営業してないのと、地元民が厳しい!ということで、恐る恐る鉱泥温泉に行ってみました。受付の方がとても優しい声で迎えてくださったので心ほぐれ…では、進みますね。

大人800円、小学生以下は不可、洗い場、石鹸などは何もなし、お水などのペットボトルの持ち込みは可、鍵ロッカーあり、脱衣所簡易、ドライヤーあり、洗面台なし。

(ここからは受付の方と地元民の方のご指導踏まえて書きますと)浴場へ入るとまず普通の温泉でかけ湯をしてよく流し、その透明なお湯の温泉に浸かります。そのあと、泥湯へ行きます。泥湯の中はとても滑るので、手すりのあるところから出入りするようです。温度は熱め、2.3分も浸かると汗が吹き出てきて、周りの椅子で休憩。泥が乾いて落ち着いたらまた入る、を繰り返します。

f:id:miraisaaan:20161101075634j:image

※写真は、鉱泥温泉近くで樹々が生い茂ってるところでも温泉蒸気がシューシューしてる画

で、入った感想としては、泥はすごくサラサラしてて、粘度はあまりなく、乾くと「片栗粉みたい」なサラサラ感でした。婦人病にも効くとか。

あと、結局入って出て休憩を5.6回は繰り返しちゃったのですが、すごく温まり、なかなか汗が止まりませんでした。給水用の飲み水は持参がいいかも。牛乳、コーヒー牛乳、オロナミンCとか売ってます!

 

最後に、さすが別府で、午前中しかやってないマニアックな温泉ともなれば、おプロ中のおプロが集うようで「温泉まわってて今日で6日目!」「別府に来たけど宿が取れなくてお寺さんに泊まってきた!」「温泉が気に入って東京から移住して7年目!」って方たちが泥湯に入ってました。私はまだまだですなー

 

■鉱泥温泉

大分県別府市小倉町6

山梨県南都留郡「道志川温泉 道志の湯」

f:id:miraisaaan:20161025222609j:image

帰り道で寄れるところへ。山中湖から道志みちをぐいぐい30分ぐらいかな、走ったあたりから、さらに山奥へいくと道志の湯があります。村営のようで、山梨県なのに横浜市民は半額ぐらいの割引でまあ悔しい。

2016年4月にリニューアルオープンしたようで、館内はとても綺麗でした。お風呂と休憩所と簡単な食事が食べられるシンプルな日帰り温泉施設です。シャンプーボディソープあり。ロッカーは少なめ。あたりにキャンプ場が多く、キャンプ帰りのお客さんが多かったんだけど、人数と、風呂の大きさと、脱衣所の狭さもあいまって、ロッカーが少ない!と思いました。精算バーコード付きにしなきゃもっとロッカー導入できたのでは??

f:id:miraisaaan:20161025223526j:image

※写真は休憩所からの眺め

涼しさと湯加減は露天で丁度よく心地良かったのですが、泉質には特出すべき感想はありませんでした。次回の帰り道では石割の湯か紅椿の湯に行ってみようかな。

 

■道志の湯

山梨県南都留郡道志村7501

 

長野県諏訪郡「上諏訪温泉 片倉館」

f:id:miraisaaan:20161020211835j:image

お友達に会いに上諏訪へやって来た。しんゆにいたんだけど「すぐ近くに片倉館ていう千人風呂のある温泉があるよ」と教えてもらったので、お友達と遊んだあと、片倉館へ。

国指定重要文化財とかで、雰囲気は箱根の富士屋ホテルのような感じ(レッドカーペット敷いてあるような、敷いてないけど)。にしては650円とお安め。10時オープンと同時にダッシュで行ったけど残念ながらすでに人がいて千人風呂の写真は撮れず。。

お風呂は深さ110センチで、浴槽底に砂利が敷いてあるので、私は浴槽の真ん中で、膝を曲げ首まで浸かり、手で水中をかいて、宇宙遊泳みたいな月面歩行してるように、行ったり来たり歩いてました。楽しかった!!洗い場もシャンプー類あるし広くて使いやすかったです。難点は、観光客がひとっぷろ来る感じなのであまり清潔感は無かったです。シャワーも浴びず入って来る人多し。

f:id:miraisaaan:20161020212918j:image

2階はごはんも食べられる休憩室になってました。椅子と机、座敷のところもあります。

 

結局この日は、

朝3時に起きて山梨から長野へ移動し、5時菅野温泉、6時みなみ温泉、7時湖畔の湯、8時に友達と遊んで、9時片倉館千人風呂、だったので、10時過ぎにあがって休憩したら、極寝落ち。瞼を閉じたらそのまま逝きました。

 

f:id:miraisaaan:20161020213511j:image

で、下諏訪に戻って、ハルピンラーメンを食べて!おぎのやで釜飯を買って帰りましたとさ!

 

■片倉館

長野県諏訪市湖岸通り4-1-9

 

長野県諏訪郡「下諏訪温泉 湖畔の湯」

f:id:miraisaaan:20161020080510j:image

 ※やっぱり写真を撮り忘れたので諏訪湖の写真を…

8時半にお友達に会いにいく!となったので、諏訪湖散歩していた私としては諏訪湖から徒歩1分ぐらいのところにある湖畔の湯へ。

 

下諏訪温泉は殆どが町営なんですが湖畔の湯は民間経営で270円、それでも安いわよやっていけるのかしら。ここは浴槽がとても広くて洗い場もしっかりしてるし、朝の支度をしたかった私としてはゆっくりできて好都合でした。お湯のザバザバ感が好きです。露天もありますがユニットバスぐらいしかなくてしかも湖畔は見えませんのよ(湖畔の湯でもね)。

 

下諏訪温泉は、早いところで朝5時から、ここも朝6時から入れます。日帰り入浴施設で早朝に営業してる温泉は貴重です。

 

■湖畔の湯

長野県諏訪郡下諏訪町南四王6130番地1